生産完了品

 

 

以下の製品は、生産を完了しております。以下の情報は資料としてご利用下さい。 ご好評の商品につきましては、後継機種を開発しております。引き続き、アドギアー製品をご愛用頂きますよう、お願い申し上げます。

 
 
 

TB-1A/TB-21 TALK BACK SYSTEM

 
アドギアートークバックシステムは既存のスタジオシステムにコミュニケーション機能を手軽に追加できます。
 

グースネックマイクを搭載したトークバックリモートTB-1Aと同機を2系統まで接続できるインターフェイスTB-21により構成されます。アナウンスブースのスタジオスピーカー系とヘッドホーン系の2系統を装備し、オンエアータリーによるスピーカーへのトークバックの禁止機能やコンソールに対するト−クバックタリーなど充実した制御系を備えます。さらに、アナウンスシステムAB-1L/AB-1Bとの組み合せでは総合的なスタジオシステムとして高いパフォーマンスとクオリティーを提供します。アドギアートークバックシステムはフレキシブルな設計となっているため、ユーザー独自の機能の追加など、カスタマイズにも柔軟に対応可能です。
 

TB-1A トークバックリモート

■TBスイッチ
■CUEスイッチ
■グースネックマイク
■ヘッドホーン出力(φ6.3)
■ヘッドホーンレベル / モノラルスイッチ
■インターフェイス接続コネクター(D15P)
■サイズ 133(W)×93(H)×189(D)
TB-21 トークバックインターフェイス

■トークバックレベル×2
■スタジオスピーカーレベル
■モニター入出力(XLR3 +4dBu)
■スタジオSP入出力(XLR5 +4dBu)
■TB-1A接続コネクター×2(D15S)
■コマンド入力(D25S) / コマンドスルー(AB-1B用 D25P)
■タリーコネクター(D15P)
■サイズ EIA 194"1U 482(W)×44(H)×250(D)

TB-1A マニュアルのダウンロード
TB-21 マニュアルのダウンロード

 
 
 

RB-3H REPORTER BOX

 
RB-3Hは、ラジオ中継等に於いて局外の中継場所から電話回線等を通して番組中継を行うオーディオインターフェイス用機器です。

アドギアーRB-3Hは道路交通情報をはじめとする局外中継に便利なオーディオインターフェイスです。マイクアンプ、カフコントロール、モニター機能をコンパクトなケースに凝縮しています。マイクアンプはファンタム電源機能を搭載しました。またコンプレッサーを内蔵しているため、シビアなマイクゲインの設定は不要です。カフコントロールにはアドギアーオリジナルのブラシレスレバーを採用。常に安定した動作が得られます。出力はトランス方式ですので、専用線等に直結でも安心してお使い頂けます。モニターは、エアーコネクターから入力された信号を内蔵のイヤホンアンプおよびスピ−カーに出力します。スピーカーはカフオンでカットするように設計されているため、ハウリングの心配はありません。また、コーデックの使用を想定したマイナスワンミックスモニターでは、局からのディレイを含んだマイナスワン音声にコメント本線をミックスしてモニターすることができます。(ミックスレベルは可変)

マニュアルのダウンロード

 
 

MX-88M/MX-88S DAW MIXER

 
MX-88シリーズは、DAWに最適なシンプルアナログミキサーです。

MX-88Mはデジタルオーディオワークステーション(DAW)をハードディスクレコーダーとして、そのマルチ出力から高品位でステレオミックスを得るために開発されたステレオミキサーです。純粋なアナログ回路によるミックスであるため、レゾリューションの悪化を気にすることなくステレオミックスを得ることができます。豊富なDAWの機能を活かすため極力シンプルな構成でありながら、ニードルVUメーターやヘッドホーン出力などプロの現場に必要な機能は省いてはいません。MX-88SはMX-88M専用の入力拡張ユニットで、8チャンネル単位でカスケード接続してチャンネルを増やすことができます。

 

OQM800 REMOTE MIC AMP

OQM800シリーズリモートマイクアンプは、リモートコントロールによってゲインを設定できるカードタイプのマイクアンプです。

高さ5UのEIAラックに最大8チャンネルのカードユニットと電源ユニット、リモートインターフェイスユニットで構成されます。マイクロフォンの近くにマイクアンプをセットできる事でローレベルの信号を長く引き回す時に起こるさまざまなトラブル、音質劣化を最小限にとどめます。 KZ-912ヘッドアンプで培った技術に更に磨きをかけたディスクリートオペアンプDOP210Aの採用、DCサーボにより電解コンデンサーは初段入力回路のみのDCアンプ構成、音響用高級部品の採用により最高の音質を提供します。

 

 

DBM102 DIGITAL BAR METER

 
DBM102は、アナログ及びAES/EBUデジタルオーディオ信号入力対応のデジタルバーメーターです。

DBM102は、AES/EBUデジタルオーディオインターフェースを装備したデジタルバーメーターです。アナログオーディオ入力も併せ持ち、+4dBu入力に加え-10dBuにも対応しています。メーターレスポンスはピーク、VUの他、その両方を同時に表示するマルチモードやレベルキャリブレーションに便利なファインモードを備えています。ピークマージンは-12dB〜-22dBの範囲での設定が可能です。デジタル入力時はこの値を0VUとしてVU及びファインモードの表示を行い、アナログ入力時はこの値が+4dBu(または-10dBu)となるようピークメーターのスケールを自動設定します。フロントパネル中央のステータスインジケーターは、入力されたデジタル信号からサンプリング周波数(48kHz・44.1kHz・32kHzのいずれか)及びエンファシス情報(オン又はオフ)を検出し、表示します。DBM102R(オプション)の使用により、外部からメーターモードの選択及び入力の切り替えをリモートコントロールすることが可能です。

マニュアルのダウンロード

 

 

AB-1T ANNOUNCE CONTROLLER(タッチセンサータイプ カフ )

 
AB-1Tは、アドギアーならではの優れたデザイン、コンパクトなボディのアナウンスコントローラーです。

AB-1Tはタッチスイッチを採用し、繊細なタイミングを逃しません。このタッチスイッチは、マイクがオンの状態で発光し、ユーザーが使用状況を一目で理解できる様配慮されています。
高輝度LEDによる大型のキューランプは、ランプ切れ等の不安を解消するばかりでなく、どの角度から見ても容易に識別できる様デザインされています。ヘッドホンアンプを内蔵し、アドギアー製品ならではの高品位モニターも可能です。モノスイッチによって、片耳イヤホンにも対応しています。

 

 

PL-32 PHASE & LEVEL METER

 
PL-32は、EIA 3UサイズにVUメーター・バーメーター・フェイズスコープを一体化したユニットです。

各機器を集中させることにより、視点を大きく動かす事なく必要な情報を一瞬で得ることができます。
VUメーター部は大型VU計を採用して視認性を高め、バーメーター部はVU/ピーク表示の切り替えおよびピーク・ホールド表示が可能です。
フェイズスコープ部は当社のXY-22を外部に接続することにより、4インチの液晶カラーモニターに音声信号の位相を表示することができます。

マニュアルのダウンロード

 

 

XY-22 XY-VIDEO CONVERTER

 
XY-22は、ステレオのオーディオソースをビデオ信号に変換するXYビデオコンバーターです。

マニュアルのダウンロード

 

 

TG-61 TRANGER

 
TG-61は、オーディオ信号をノイズレスで切り換える為のオーディオスイッチャーです。
アドギアーTG-61 トランジャーは、ボーカルなどに最適なトラックセレクターです。6系統の入力はリアパネルのキャノンタイプコネクターに加えフロントに割り込み可能なTRSジャックを装備しました。コンパクトなリモートコントローラーはフロント、リアのどちらにも接続できますので設置場所を選びません。オーディオのスイッチング素子にはトランジャーシリーズで長年採用されつづけてきたフォトセルを使用していますので、どのような場面での切り替えでも非常に自然な繋がりが得られます。スイッチングされた信号はミックスアンプで1系統にまとめられ、MIX OUTに出力されます。

マニュアルのダウンロード

 

 

DDU0204 DIGITAL DISTRIBUTION UNIT

 
DDU0204はAES/EBUデジタルオーディオを分配するユニットです。
DDU0204 は、プロフェッショナル規格デジタルオーディオ信号のためのAES/EBU デジタルオーディオ分配器です。A・B 2 系統のAES/EBU デジタルオーディオ信号をそれぞれ4 分配することができ、リアパネルのLINKスイッチによりA 系統の入力信号をB 系統の入力とすることにより、A 系統を8 分配することができます。

出力は、プロ及びコンシューマーオーディオ信号の両フォーマットに対応したチャンネルステータスモニターにより、正しいAES/EBU デジタルオーディオ信号かどうかを確認することができます。VTR のデジタルオーディオ信号、デジタルコンソールの出力の分配等に最適です。

マニュアルのダウンロード

 

 

MN-22E MONOLER

 
MN-22Eは、ステレオ入力信号を位相変換回路を通してミックスし、モノラル信号に合成します。
ステレオ音楽信号をモノラルに変換するとき、単純にミックスした場合センターに定位していた音(ボーカル、ベース、バスドラ等)は、左右定位の音と比べ音圧が3dB程度上がり、ステレオで聴いたときと比べバランスが狂ってしまいます。

MN-22Eモノラーは、このような現象を任意にコントロールできるもので、センターに定位していた音を“PHASE CONTROL”ツマミを回すことで従来の3dB上がった状態からゼロまでコントロールできます。

また、入力モードをモノラル、出力モードをステレオにすることによって、モノラル信号を擬似ステレオにできます。

マニュアルのダウンロード

 

 

HCE-400 RECORDING PREAMPLIFIER

 
DAWでのレコーディングに最適なプリアンプがオーバークオリティーで登場。
アドギアーHCE-400は先進のハードディスクレコーディングに最適なレコーディングプリアンプ。コンパクトなモジュールにヘッドアンプ、ローカットフィルター、コンプレッサー、イコライザーの各機能を搭載したHCE-21を、専用のラックMDR-4に最大4チャンネルまで実装することができます。ヘッドアンプは、ファンタム電源、極性反転(φ)、ローカットフィルターと、楽器録音に欠かせない機能はもれなく装備しています。マイク、ラインそれぞれに専用のコネクターを設けることで楽器のみならず、レコーダーのリターン入力としても使用できるよう考慮しました。
コンプレッサーはレコーディングの分野で人気の高いFETをリダクション素子として採用し、コンプレッサーからリミッターまで幅広く対応します。MDR-4に実装された状態で2チャンネル単位でのステレオリンクも可能です。
イコライザーは多くのオーディオコンソールのチャンネルイコライザーと同じ4バンドパラメトリックタイプを採用していますが、1/2スイッチにより繊細なイコライジングも可能となっています。
モジュールのファイナルにはアウトプットレベルのコントロールを設けました。モジュールトータルのレベルとしてコンソールのフェーダーと同様の使い勝手を提供します。アウトプットレベルの表示には5ポイントLEDによるピークレスポンスメーターを搭載し、デジタルメディアに対応します。

 

 

CC-22 COPY CONTROLLER

 
CC-22コピーコントローラーは、レコーディングスタジオ等のプロオーディオの現場で、CDやDATに代表されるコンシューマー機のクォリティーを損なう事なく使用する事を目的として開発されたプロスペックのオーディオコピーコントローラーです。
+4dBu、アクティブバランスの入出力に加え、カセットやDAT等の録再機は4台まで接続が可能。さらにCD等の再生機専用の入力(AUX)も装備されています。
また、モニターアウト端子をパワーアンプに接続すれば、簡易モニター/ダビングシステムを組む事もできます。

マニュアルのダウンロード

 

 

MU-4611 VU METER UNIT(80mm VU搭載)

 
MU-4611は、ステレオ出力を表示する2チャンネルメーターユニットです。

マニュアルのダウンロード

   
 

DVU-8 8ch DIGITAL VU METER

 
DVU-8は、サラウンドレコーディングに最適な8chデジタルVUメーターで、AES/EBUデジタルオーディ信号を直接入力することが出来ます。

サンプリング周波数は96kHzまで対応していますので、音楽レコーディングからポストプロダクションまで幅広くお使い頂けます。
0VUのリファレンスレベルは、-10dBFSから-20dBFSまで2dBステップ/6段階で設定が可能。DSP処理により正確なステップを実現しています。また、リファレンス設定とは独立したメーターセンス機能により、2ch単位でVUメーターの感度を-2dBから-10dBまで2dBステップ/5段階で設定することが出来ます。

  

 

DFU-2 DIGITAL FADER UNIT

 
DFU-2は、AES3デジタルオーディオ信号のオーディオレベルを手軽に可変できるデジタルフェーダーユニットです。コンパクトなボディーにヘッドホンモニターまで搭載したオールインワンデザインは使う場所を選びません。

96kHzまでのサンプリングレートに対応する24bit DSPの採用で高品位なレベル可変が可能。16bitの信号に対してもレベル可変時には24bitのレゾリューションで出力します。また、+10dBまでブーストが可能なフェーダーは、0dBストップ機能により物理的にフェーダーを規制すると同時にDSPに対しても0dBを超えないようプログラムされています。これによりDFU-2は、0dBストップ時にはデジタルスルー状態を用意に設定することができます。 さらに、ヘッドホンモニターは、フェーダー出力のモニターに加え、PFLスイッチによりプリフェーダーリスンを可能としています。CD等のリファレンスが高い信号に対してのモニターを考慮し、PFLレベルのプリセット機能を搭載しています。

マニュアルのダウンロード


 

LC-22 LEVEL CONVERTER

 
LC-22は、高品質なバランス入出力アンプを採用した、6系統のラインレベルコンバーターです。

全ての入出力は、代表的な4種類のラインレベル(-20、-10、0、+4dBu)に対応するとともに、±3dBのレベル可変が可能。また、フロントパネルには、通過レベルに応じて色が変化するレベルインジケーターを備えていますので、信号の有無等の確認に便利です。 さらに、2系統の入力のミックス出力機能も装備しています。ステレオの本線信号を、電話回線やイヤホン等のモノラル回線に送る場合に利用できます。
民生機、レコーディング機器、放送機器等が混在するシステムで、これらの機器をフレキシブルにセットアップする事ができます。

マニュアルのダウンロード


WL-1 / WL-2 WARNING LAMP

 
WL-1は、スタジオの入り口などに設置してスタジオのオンエアー状態やマイクオンの状態を表示するディスプレーユニットです。

DC48V入力で動作、表示ランプはLEDを採用しておりランプ交換は不要です。WD-4を使用すると制御入力は接点(オープンコレクタ)又はDC電圧信号(DC5〜24V,数mA)で動作します。

マニュアルのダウンロード

 WL-1

 WL-2

 

 

WT-2 WARNING LAMP(DESKTOP TYPE)

 
WT-2は、スタジオのアナデスクなどに設置してスタジオのオンエアー、スタジオのマイクがオンの状態を表示するデスクトップタイプのディスプレーユニットです。

DC48V入力で動作、表示ランプはLEDを採用しておりランプ交換は不要です。WD-4を使用すると制御入力は接点(オープンコレクタ)又はDC電圧信号(DC5〜24V,数mA)で動作します。

マニュアルのダウンロード

 

 

 

WD-4 WARNING LAMP DRIVER

 
WD-4は、WL-1/2 ワーニングランプや入り口表示灯、オンエアーランプ等をドライブするインターフェイスです。

ワーニングランプドライバーは、制御入力は電圧、又は接点どちらにも対応可能です。
+48V,DC出力で2連表示灯WL-2、単体のWL-1をドライブします。

マニュアルのダウンロード

 

 

 

MU-4612 VU METER UNIT(110mm VU搭載)

 
MU-4612は、ステレオ出力を表示する2チャンネルメーターユニットです。

ワーニングランプドライバーは、制御入力は電圧、又は接点どちらにも対応可能です。
+48V,DC出力で2連表示灯WL-2、単体のWL-1をドライブします。

マニュアルのダウンロード